戸田敏博さんは歴史の研究をされています。

戸田敏博さんは私の知らない歴史を知っています。
それはみんなが知っている事件やイベントの裏側ではなく、普通の人では知らなかったり、マスコミなどで報道していないような事件やイベントを知っているのです。
例えば、通州事件という中国軍と日本人との間に起こった事件や、ベトナム戦争におけるライダイハン問題、天安門事件の真実等を知ったのは彼の説明で初めて知りました。
自分も歴史を知っていたつもりですが、これだけ深い知識を持っているというのは実にすごいと思いました。
最近は、満州国建設の真実というのを調べているようです。
私の認識では日本軍が悪くて、関東軍が暴走して、無理やり作ったというイメージを持っていたのですが、実は少し違ったようです。
確かに関東軍の暴走はありましたが、実際にはウイグル人と様々な民族との自決と融和を目指したというのです。
その根拠は国際連盟での人権問題解決に力を入れたことなのです。
やはり歴史を見るには、様々な角度から見るのがいいということだなあと思いました。