会社印鑑の入っている金庫の鍵について

先日、会社の重要な決済がある為、会社の代表印や証券がいろいろ入っている金庫の開錠を部長にお願いしました。
金庫の鍵は普段は社長と部長の2名しか保管していないので当然ですが他の社員は開けれません。
社長が海外出張ということもあり、部長が開けることになったのですが、まさかあんな事態になるとは思いませんでした。
金庫に鍵を差し込んで開錠をするのと合わせ、付いているダイヤルも一緒に回す特殊な金庫の作りなんですが、お客様を待たせていた部長が焦って中途半端に鍵を差し込んでひねろうとしたので鍵が若干歪んでしまったようなのです。
慌てて違うと抜いたようなんですがあとの祭りで、固いもので叩いても歪みが直らず、決済は明日だしとにかく開錠するために急いで鍵屋さんを手配し緊急で来て貰うことになりました。
叩いたり試したりをひたすら繰り返していたので時刻もだいぶ遅いですし来て頂けるか心配でしたが、問い合わせたところ24時間営業しているということと、金庫も開錠も受けれるというので一安心しました。
すぐに来て頂くことができ、元の鍵を直すよりまず開錠しましょうと言うものの15分ぐらいで開錠してくださった時は部長をはじめ会社に残っていた社員から拍手があがりました。
鍵屋さんのおかげで無事に決済もすみ本当に助かりました。
鍵開け、鍵の交換、鍵の修理なら【鍵のヒーロー】。安心の実績/ベテランの鍵職人が対応!運営会社:株式会社カギニスト