医療現場における水素水の役割

いま家庭でサーバーとして置いてあり、子どものアトピーを治す効果があるのは、メディアとかでも取り上げられて認識されてます。
医療現場でも活用されている水素水、どのように活用されてるか皆さんはご存知ですか、臨床試験をした例があります。
まずはアルツハイマーです。
アルツハイマー症は色々な事が原因で、記憶力が徐々に低下していく病気です。
神経細胞という、脳を構成しているものに変性がおきて、神経細胞に傷をつけて正常に働けなくします。
原因の1つが活性酸素と言われています。
高い抗酸化作用の水素水は、この活性酸素を除去する効果があります。
有害物質が流れ込むのを防御する、脳関門というバリアをする力が脳にはあり、その脳関門を通りぬけられるのが水素で、抗酸化物の中でも数少ない物質なのです。
摂取することで認知症や、脳の老化を防ぐ効果があるんです。
マウス実験し、マウスの神経細胞が回復、記憶力の低下も防ぐという結果が報告されてます。
次は、パーキンソン病です。
この病気は、脳の黒質線条体の神経細胞を活性酸素が傷をつけて、運動、知的両機能を損なう病気です。
アメリカの科学誌に、日本の大学と会社が治療、予防に効果がでる可能性を発表したのです。
飲用するとパーキンソン病で起きる、神経細胞の脱落を抑え、活性酸素の量を減らしたと発表してますね。