胃をいたわろう

胃は24時間活動しているわけではなく、一部の時間だけ活動しています。
しかし、渡すたちの感情を物理的、心情的に傍受する機能が備わっているのが大きな特徴です。
様々な飲み物や食べ物を受け入れる機能だけでなく、感情の喜怒哀楽を受け入れるので、様々な影響があるのです。
胃の粘液は様々なタイプの食材と刺激を受け入れますが、限界を超えると、炎症を起こして胃炎になるのです。
前述の通り、胃はある程度のダメージには耐える事ができます。
それは粘液で守っているのですが、ダメージが大きくなると、自動修復が利かなくなり、様々な弊害を発生させるわけです。
胃炎を放置すると大変な事態になります。
それは、胃が痛くなったり十二指腸潰瘍になったりして、他の病気まで誘発してしまうから注意が必要です。
そこで大切になってくるのが日々の生活です。
食べ物で見てみれば、ジャガイモや大根や、白身魚やささみ等がいいようです。
大根・じゃがいもはビタミンCが豊富ですし、ささみや白身魚も消化に良くて、刺激が少ないからお勧めなのです。
また、漢方薬で治すというのも一つの手段です。
安中散は、胃の働きを整え、胸やけにも効果的だからです。
勿論症状や体質に合わせる事が大切で、様々なサイトにそうした情報があるので、参考にしてほしいと思います。