競馬への愛が芽生える一冊としてオススメ

ギャンブルの勝率を上げる方法が書かれている本を求めて、白夜書房の競馬に関する本に出会えたのですが、想像以上に競馬への愛が込められていて驚かされました。
絶好調の馬に注目するという当たり前のデータでありながら、馬の調子をとても細かい視点から見分けていくという、その観察力にも感心させられています。
ただ馬の調子だけを見るのではなく、厩舎ごとにデータを見る事によって、このタイミングで賭けるのが狙い目だというポイントまで分かってくるんです。
運に身を任せて馬券を購入するのではなく、しっかりとデータを見ながら購入する馬券を決めるのが、ここまでワクワクできるという事も新しい発見の一つでした。
今では厩舎に見学に出かけるぐらい競馬好きに生まれ変わっており、馬券が当たる事よりも、好きな馬が活躍する事の方が嬉しくなってきています。
何か熱中できる趣味を見つけてみたいというだけで、この競馬に関する本は読んでみる価値があるはずです。